星条旗キルト

このところ忙しくて新作が作れていません。

そこで、ちょっと古い作品をご紹介。

キルト


20年以上前にアメリカで初めてキルトを習いに行ったときの作品です。

ミシン持参の教室でした。
日本から持参したミシンを持って行ったら、びっくり。
アメリカのミシンには針の横に縫い代のガイド線が付いているんです。
なので、縫い代込みの型紙で布をカットしてそのガイドに沿って縫うのです。
日本製ミシンの私はそこから更に本体部分の線を引かなくてはならずちょっと大変でした。

布は開催しているキルト専門店の棚から好きな「白・赤・青」の布を探して使用するのですが。。。
出来上がった私の作品を見た先生が
「皆さん、見て〜」と言って掲げたのです。
「すごく珍しいトーンですね」
って趣旨のお話をされたので、なんのこっちゃ??って思って周りをみたら、
なるほど、アメリカ人の生徒さんが選んだ色合いはみんな落ち着いた色調。
アメリカ人の中では「星条旗はアンティーク調」というイメージがあるみたいでした。

そんな明るい色だったキルトですが、20年経ってすっかりリアルアンティークになっていました。
これからも大事にしようと思います。
スポンサーサイト

プロフィール

アテナママ

Author:アテナママ
子供の頃から大好きだった手芸。いまでもコツコツやってます。
自分の作品を記録に残したいなあと思ってブログを立ち上げました。
わが家の日常生活はぜひ、「All for WAN」で覗いてみて下さいね。

リンク

最近の記事

ブログ内検索

カテゴリー

RSSフィード

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック

QRコード

QR

月別アーカイブ

FC2カウンター