のんたんフィギュア

本当はバレンタインに間に合わせようと思ったのに1週間程遅れてプレゼントした犬毛ワンコです。


モデルはこの子。花音ちゃん。
犬毛フィギュア

明るい永遠のベイビーたんらしく、舌を出した笑ったお顔にしたんだけど、、、
犬毛フィギュア

なんか、ちがうんだよなぁ。のんたんじゃないの。
と悩みになやんで気が付きました。
あ、カラーに華やかさが足りないんだ。
そしてちょっと大きなカラーに変えて、バスケットも持ってもらいました。
犬毛フィギュア

そうそう、こんな感じ。

後日、お家に着いた花音ちゃんの写真が届きました〜。
犬毛フィギュア
同じモデルでも、カメラマンの腕とセンスでがらっと変わるのね〜。

花音ちゃんのママ、ティアラちゃんの特技、頭のせ。
犬毛フィギュア

なんと、ブレーメンの音楽隊状態の2頭のせ。
犬毛フィギュア

これは去年プレゼントしたりえる君。
一緒にはいポーズ。
20160225091424.jpg

なるべく早いうちにティアラちゃんも制作しようと思う私でした。

スポンサーサイト

ストラップ

フリマと言えば、毎回持って行くのがこのストラップです。

羊毛アニマル ストラップ

いつもおなじメンバー(?)というわけではありませんが、10種類くらいを持って行っています。

その中の人気もの。カエルさん。
羊毛アニマル ストラップ

一番最初に作ったのがこれだったみたい。
羊毛ワンコ

さすがに作り慣れて来た感じがありますね。
こういう比較も面白いなぁと思ったカエルさんたちでした。


星条旗キルト

このところ忙しくて新作が作れていません。

そこで、ちょっと古い作品をご紹介。

キルト


20年以上前にアメリカで初めてキルトを習いに行ったときの作品です。

ミシン持参の教室でした。
日本から持参したミシンを持って行ったら、びっくり。
アメリカのミシンには針の横に縫い代のガイド線が付いているんです。
なので、縫い代込みの型紙で布をカットしてそのガイドに沿って縫うのです。
日本製ミシンの私はそこから更に本体部分の線を引かなくてはならずちょっと大変でした。

布は開催しているキルト専門店の棚から好きな「白・赤・青」の布を探して使用するのですが。。。
出来上がった私の作品を見た先生が
「皆さん、見て〜」と言って掲げたのです。
「すごく珍しいトーンですね」
って趣旨のお話をされたので、なんのこっちゃ??って思って周りをみたら、
なるほど、アメリカ人の生徒さんが選んだ色合いはみんな落ち着いた色調。
アメリカ人の中では「星条旗はアンティーク調」というイメージがあるみたいでした。

そんな明るい色だったキルトですが、20年経ってすっかりリアルアンティークになっていました。
これからも大事にしようと思います。

プロフィール

アテナママ

Author:アテナママ
子供の頃から大好きだった手芸。いまでもコツコツやってます。
自分の作品を記録に残したいなあと思ってブログを立ち上げました。
わが家の日常生活はぜひ、「All for WAN」で覗いてみて下さいね。

リンク

最近の記事

ブログ内検索

カテゴリー

RSSフィード

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック

QRコード

QR

月別アーカイブ

FC2カウンター